速く作業することを教育する目的

 みなさんは、作業を速くすることに特化して、教育を受けたことはありますか。ある人もない人もいると思います。速く作業することは、学生時代ですと、まさに練習問題やテストがそうですし、単純な計算問題もそうでしょう。プログラミングをする人は、プログラミングもそうでしょうか。社会人になってからですと、職場でムリなくムラなく作業をスピードアップすることが求められたでしょう。 さて、作業を速くするということについて、体系的にそれだけに特化して学んだ人は、どれだけいるのでしょうか。個別の技術だけではなく、分野を横断して応用できる教育という意味です。ほとんどいないのではないでしょうか。では、それを学ぶと何が起きるのでしょうか。 自分の癖が発見できます。この自分の癖は、スピードアップの難敵です。それは、特定の物事固有のことではなく、分野を横断して、結構共通しています。それを発見することによって、効率的に行為を行うには、何に気をつければよいかが明確になります。効率的作業をする時の教訓が明確になるということです。それこそが、速く作業することに特化して教育する目的です。

Copyright© 教育 目的 All Rights Reserved.

速く作業することを教育する目的